グループや家族でラフティング!

グループや団体、家族で楽しめるアクティビティの代表がラフティング。ゴムボートに乗って激流を下っていくもの。

北海道では、札幌の豊平川・ニセコの尻別川・南富良野のシーソラプチ川。日高の沙流川などで開催されています。

ラフティングは夏が旬のイメージですが、実は、春が一番の時期。雪解け水が豊富に流れ込むGW近くから6月くらいまでが、もっとも激しい激流を楽しめるのです。

気温の低い時は水がほとんど入ってこない「ドライスーツ」というものを着用します。そのインナーにはジャージやトレーナーを着ることができるので、寒くはありません。

コースは短いところで2〜3キロのところから、長いところでは10キロ近くを下るコースがあります。そのところどころに、「瀬」と呼ばれる流れが早く浅い場所では水しぶきがかかるスリリングな部分があり、ガイドの指示で、ボートの中に入って安全姿勢をとりながら皆でクリアしていきます。

短いコースの場合には、途中、川遊びタイムがあったりします。

ドライスーツとライフジャケットの浮力をつかって、川の流れに身体ひとつで流されてみたり、大きな岩の上からジャーンプを楽しんでみたり。

ツアープログラムは、全体でだいたい2〜3時間。主に半日コースが多いです。思い切り川下りを楽しんだあとは、温泉に入ってさっぱりするのが定番コース。

あなたもぜひ1度、ラフティングを楽しんでみてください〜

関連記事一覧