オートキャンプ場ガイド

十勝・音更町 【No.502】 道立十勝エコロジーパークオートキャンプ場

十勝川に面して広がる141haの森と草原と湿地
豊かな自然との出会いにより、参加し、楽しみ、学ぶ、新しいキャンプスタイルの提案です。


十勝の大地と水と大地に囲まれた自然の広場
   
北海道立 十勝エコロジーパークに棲む動植物たち    
【ニリンソウ】
道立公園の林の中に群生する多年草
 
【エゾノタチツボスミレ】
比較的明るい林の中や林のふちに生育する多年草。紫色の花は5月下旬~6月に見られます。
 
【トモエソウ】
草原に咲く多年草。公園内では北側の段丘に咲いてます。花はだいだい色で7月下旬に咲きます。
 
【エゾリス】
公園内の林に広く分布してます。1年を通じて見ることができます。
 
【シマリス】
草むらに隠れていることが多いのでなかなかお目にかかれませんが、春は姿をみるチャンス
 
【エゾアカガエル】
公園を歩いていると、足元でピョンピョンはねる姿をよく見かけます。春の産卵期には大合唱です。
 
【キビタキ】
公園のハルニレ林に生息している黄色い美しい野鳥です。すずめくらいの大きさで、春~夏に見られます。
 
【アカゲラ】
最もポピュラーなキツツキです。公園内では年中みることができます。
 
【イバラトミヨ】
公園内の水草が多く茂った小水路に生息しています。背中にとげがあり、興奮すると逆立てます。
 


フワフワドーム(高さ3.75m)
空気でふくらんだ小山で雲の上を歩くような感覚
 
水と霧の遊び場
地下からモクモク湧き上がる霧・水のジャブジャブ池